Archive  RSS  Login

マンピース -チームブサイクの合コン奮闘記-

時は大合コン時代。ブサイクを厭わず女子を求め、全員性交の旗を掲げる。この世のすべての女子を手に入れた男、合コン王が終電間際に放った一言は全世界の人々を合コンへと駆り立てた。「オレのパンコか?欲しけりゃくれてやる。探せ!この世の愛蜜をそこへ置いてきた!!」 偉大なるアバズレがGoconLineに隠されている。目指すはひとつなぎの連結プレイ“マンピース”!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: ソロアポ  

Some like it hot Vol,1

三河屋でございます。









春も終わりを告げ、

世の中、夏の足音が聞こえてくる感じの季節ですね。

常日頃、コンパナンパ業界に身を置く皆様は、

当然にお気づきの点かと思われますが、

夏という季節は、

絶対に女の子は軽くなりがちですよね。



そもそも、なんでなんですかね?

もう体感では1.5倍~2倍に近いくらい軽くなりがちですよね?

暑くてジメジメするとホルモンが刺激されるんですかね?



女性の神秘解明に向け、真相究明が待たれますが、

ぼくがなぜこのようなことを思ったかというと、

女性からのコンパ&ソロアポオファーメールが、

この時期に集中するのです。


2012年3月、

ぼくは引退し、

一線を退きました。

そこからは積極的な活動はしていないので、

新規案件はほとんど無い状況なのですが、

過去の案件の方々から、

温かくなってきたくらいの時期から、

ぼちぼちオファーがあるんですね。


そもそも、

ただのブサイクサラリーマンであるぼく三河屋に、

このようなオファーをすること自体、

おかしな話です。

コンパならまだしも、

ソロアポのオファーなんて・・・

誠実なイケメンにでも頼めばいいのに(´・ω・`)


とにもかくにも、

5月くらいからですかね。

オファーが増えてきます。

頂くオファーの内容は要約するとだいたい以下の通り。




コンパ開け

今すぐ来い

今○○にいるからイケメン連れてこい

近くにいい男はいるか?


もう最後のは、「まわり見渡してください」としか返答できませんが、

このような連絡が、ままございます。


オファーは大変光栄なのですが、

婚姻した男女がすべて所属するケ・リーグにおいてコンパは、

非人道的行為として、厳格に処罰されます。


誠に遺憾ではありますが、

断らざるを得ませんね。




このようなオファーをぼくに連絡してくる方には、

だいたい以下の2種類に分類することができます。


1、数回のコンパ開催実績ありの方

2、性/交済みの方


このような方たちに絞られます。

この方たちはおそらく、

1、の方はぼくのことを秘密道具「どこでもコンパ」と思っている方。
2、の方はぼくのことを秘密道具「ダッチ/ワイフ」と思っている方。


まあ、はっきりしていてわかりやすい(´・ω・`)

むしろ好感が持てますよね。

ぼくの元にやってくるオファーの主は、

だいたい上記の2点に分類されます。




しかし、



定期的に頂くオファーの中で、

この2種類に分類できない、

ちょっと違う方がお一人だけいらっしゃるのです。








==マンピース人物列伝==
白ナス子




時は遡り数年前-

ザクユナイテッドは山手線の西側でのコンパで、

激戦を繰り広げていた。


出場メンバーはザクプシポン

コンパは激闘むなしく完全敗北を喫した。

そこで、ぼくらはザク-童組とプシポン-三河屋組に分かれ、

パトロールしていると、

2人組を発見。

白ナス子 5.0 20代中盤
黒ナス子 5.0 20代中盤


見事連れ出しに成功し、

日本を代表する一流企業である江崎グリコ社の代表的な製品である「ポッキー」を巧みに使った前衛的なゲーム(のちにポッキーゲームと名付けることにした)を実施したものの、

奮闘むなしく終電で逃げられることとなった。



=============



いやー、

過去のメモは参考になりますね。

懐かしい。

メモを見返すまでまったく覚えてませんでした。



この時、ぼくと番号交換したのは白ナス子さん

色の白い看護師ということでのネーミングだと思うのですが、

そもそも数年前のナンパ案件なんてまったく覚えておらず、

顔はどうだったのかは、覚えていない。

ナンパで連れ出したけど、その後コンパにつなげられなかったことなんて、

ショボ腕三河屋にとっては日常茶飯事。


まあ、ここまではただの過去事例として普通の話なのです。





しかし、


この白ナス子さんは不思議なんです。


なぜかと言いますと、

この白ナス子さんから、

なぜか毎年6月になるとぼくの元に、

コンパやソロアポの意向を示すメールが届く
のです。

そしてこちらから"ok"な旨を返信すると、

そこでやりとりが止まるのです。






なぜ、ナンパブサリーマンにオファーするのか?

なぜ、毎年6月にオファーするのか?

そして、

なぜ、返信しないのか?





疑問は尽きませんが、

ぼくのメモには評価"5.0"と書いてあるので、

この"5.0のナース"ということだけを心の支えとして、

頂戴したメールに返していました。




最初のほうは、

来たメールになんとなく返信していただけで、

特になんとも思っていなかったのですが、

去年くらいからこの白ナス子さんのことが、

急激に気になってきました。



数年間、一向に実現しないアポ。

そもそもこの白ナス子さんの意図が分からない。

会ったら壺とか買わされるんじゃなかろうか。

なんか怖いし、

会わない方が無難だよなぁ。。。

でも、

かわいかったらもったいない!


三河屋は全力でソロアポオファーし、

そして、

このたび、見事日程調整に成功!(3年越し)



ソロアポしてきましたので、ご報告いたします。













ソロアポ当日



21:00





三河屋は上野に降り立ちました。

やっとの思いで白ナス子さんとのソロアポにこぎつけました。

そのご尊顔がやっと拝めます。

さあこい!白ナス子!







5分後





白ナス子お待たせー!





三河屋は迅速に白ナス子の顔を確認した!




三河屋「ほう・・・








つづく



P.S.

なんかいろいろ書いてますが、
ずいぶん前にナンパした子とソロアポしたって話です。
スポンサーサイト


Category: コンパ  

上げて上げて下げて上げて Vol,3

三河屋でございます。





前回までのあらすじ
ひっさびさにザク、G田とコンパに挑んだ三河屋だったが、隣担当の原則から担当になった井森に完膚無きまでに叩きのめされた。復讐の鬼と化した三河屋は井森にリベンジゴールを決めるべくソロアポ調整に成功、満を持してソロアポ試合会場に乗り込んだが、なぜか井森は友達である榊原を連れてきたのであった。。。
前回のつづき




現在のフォーメーション

      井森
三河屋======
      榊原











22:00




威風堂々と入場する井森と榊原。

ぼくの驚きなど微塵も感じていないご様子です。

井森による想定外のこの状況。

完全に数的不利です。


もし、

ぼくが凄腕ナンパ師であれば、

今回のような状況下でも、

井森、榊原相手に、ネイマールばりの個人技で三井(3Pの意)を狙いに行くのでしょうが、

不本意ながらぼくは、

凄腕でもなければ、ナンパ師でもない

大変残念です。

この状況、ぼくにはどうすることもできません。




















1人ならね!(-_☆)




そう、

これはコンパチャンス。

誰かひとり召集してコンパにしてしまえばいいわけです。

あくまでも、

自分の土俵で勝負しようとする三河屋。

本日の勝利への執念が覗えます。




さっそく召集してみましょう。

ザクユナイテッドに召集令状送信!




ザク→NG


G田→NG


プシポン→NG






ちっ

こいつら、まったく使えませんね。

仕方ないです。

新キャラを用意しましょう。






???→「御意




15分もあれば着くとのこと。

頼もしい!



さて、

これで2 on 2。

これで互角の勝負ができます。

メンバーがそろったところで、

スターティングメンバーの発表です。









FC 三河屋



FW ???改めラモス先輩

「スマートにゴールを決める」がモットーではあるものの、
常に泥試合でゴールを決める、会社の先輩である。
(その泥試合ぶりはカエルパンチ青木そのものである)

そもそも、

ぼくと井森との出会いとなった前回記事のコンパの幹事は、

ぼくとコロンビア子であったが、

そのコロンビア子と三河屋の出会いは、

ラモス先輩幹事のコンパであった。

(そのコンパはラモス先輩と三河屋で1ゴールずつを奪った試合だったが、それはまた別のお話)


なので、これは即席ではありますが、

お返しコンパです。


※お返しコンパとは?
お返しコンパとは、コンパに呼んでもらったお礼は、コンパを開いてあげることで恩を返すコンパマナーの一つである。これに違反すると重大なコンパコンプライアンス違反となる。




GK 三河屋


今日は復讐に燃えてます。
絶対に井森にゴールを決めてやる!!









FC 井森



FW 井森 5.3/30前半

天然。
そして、絶対に倒すべき相手。
まともな会話は一切期待できない生粋のナックルボーラー。
ぼくのプライドに賭けて今日という今日は勝ちたい!




MF 榊原子 5.2/30前半

おしゃれ雰囲気を前面に出す天然系女子。
スタイルは引っ込むべきところは引っ込んでいるが、
出るべきところも引っ込んでいる。
そのおしゃれ雰囲気から20台中盤と言われても差し支えない範囲。
(三河屋スカウターがポンコツである可能性も捨てきれない)




井森と榊原子は、

すでに2軒目&今の店は4人では狭いということで、

試合会場をダーツバーに急きょ変更。



それではキックオフ!!!













22:30





最近、ザクユナイテッド活動にまったく参加していなかった三河屋。

近年は前線で戦うことはなく、

コンパは誘われたら参加するといった程度。

その嗜む程度のコンパで、

主に一緒に活動していた方が、ラモス先輩です。

なので、連携面に問題ないことは確認済み。



ダーツバーに入ったところで、

現在のフォーメーションはこんな感じ



三河屋 井森
=============
=============
榊原 ラモス



ぼくとラモス先輩の意図-

それは、ダーツにおけるテキーラ勝負である。

速攻で仕上げて早々に試合を決めていくこのやり方は、

大してダーツがうまくないぼくとラモス先輩にとって、

諸刃の剣であったが、

その効果は絶大である。

(コンパにおけるダーツの効果についてはこちらを参照されたい)



店員さんがいうには、

ダーツは少し順番待ちしなければないとのこと。

いいでしょう。

それまではトークを楽しみましょう。













23:30



あれ?

入店してもう一時間が経ちますが、

まだダーツできてません。

確かに店内は混んでおります。

でも、

ぼくらは文句ひとつ言わずにいました。

なぜかって?

紳士だから?

違います。




もう井森&榊原が仕上がりそうだからです。


早々に適度に下ネタから、

ハイテンションゲームで場を支配した三河屋&ラモス先輩。

よく盛り上がりました。

それぞれ店内チューもぶっこみ、

もはやダーツ不要

ラモス先輩のほうも、

チュークリアでダーツ不要なご様子。


一応この後、

申し訳程度にダーツ開始。

2ゲームしたところで、

ラモス先輩が引き離し作戦を使用し、

滞りなく2:2に分断。



それぞれ無事にゴールを決めました










今回は、

すごくあっけなく、

それぞれゴールを決めるという素晴らしい展開でした。


ただ、


ただ一つ心残りがあります。


ゴールを決めさせて頂いたのに、

非常におこがましいんですが、

心残りがあります。


それは、

ぼくが持ち帰ったのは、

榊原さんなんです。



当初の目的、全然達してない。

もうまったく達してない。

井森にゴールを決めるべく、

リベンジに燃えていたのに、

途中からブレブレですわ。

最初は井森の隣をキープしていたんですがね。

途中からですね、

明らかに、

井森がラモス先輩をご指名

ぼくはどんだけモテないんでしょう。



まあ、どっちでもいいか(´・ω・`)






またお会いしましょう



ではでは




P.S.

榊原戦のレポートですが、
端的に申しますと、非常に積極的で、オフェンス8、ディフェンス2のまるで豊玉のようなプレーでした。



Category: コンパ  

上げて上げて下げて上げて Vol,2

三河屋でございます。





前回までのあらすじ

ひっさびさにザク、G田とコンパを開催した三河屋。
ザクユナイテッドの鉄の掟である「隣担当の原則」から、今宵の三河屋の担当は井森となった。敵幹事コロンビア子、並びにギリシャ子が最後までその起用をためらったという井森。
井森はその圧倒的実力をいかんなく発揮し、右サイドを完全に制圧。コンパは迷走していく・・・
前回のつづき




現在のフォーメーション


ザク  ギリシャ子
=============三河屋
=============井森
コロンビア子 G田











21:10



コロンビア子、ギリシャ子の井森評は、

「あの子はねぇ・・・ちょっとねぇ(苦笑)」

ほう。

なかなかの相手とお見受けします。

しかし、

得てして女の子同士の評価は、男性側から視点と大幅に異なる場合が多いのも事実。

まあ、実際に井森がどんな子かよく分からないので、

とりあえず会話してみましょう!




三河屋「井森は仕事なにやってんの?」






井森「上げるお仕事だよー☆













は?(´・ω・`)







はて、

聞き間違いかな?

もう少し聞いてみましょう。






三河屋「え?それはどんな仕事なの?」






井森「だから、上げるお仕事だって!(半ギレ)






へ?








なぞなぞですか?

分かりません。

ぼくの中では「上げる仕事」という仕事はまったく分かりません。

でも、

もしかしたら、

ぼくが知らないだけで、

「上げる仕事」というのは社会通念上、一般的な仕事なのかもしれない。。。

ちょっと質問を変えてみることにしました。








三河屋「なにを上げてるの?」








井森「下げたりもしてるよ☆












三河屋「何を上げたり下げたりするの?」









井森「上げて、上げて、下げて、上げるお仕事だよ☆











えー、


事実として、

この時点で彼女はまだビール一口しか飲んでいない

ほぼシラフであるということ。






分かりました。

コロンビア子さんとギリシャ子さんがおっしゃていたことが分かりました。

このような言い方はあまり好きではありませんが、

井森はかなりめんどくさい女の子であるということが分かりました。

ポジションからもそうですが、

ザク、G田ともに完全に、

井森を三河屋任せにしている様子。

分かりました。

井森はこの私が攻略しましょう。

























23:00





だめだ・・・

井森がなに言ってるか全然わかりません。

手ごたえが全然ありません。




現在の周囲の状況はこんな感じ。


・ザク-ギリシャ子戦

いちゃいちゃしていい感じである。
そもそもザクがまだ起きていることに驚きを隠せない。


・G田-コロンビア子戦

いちゃいちゃしていい感じである。
コロンビア子は三河屋攻略済みであるため、G田は三河屋と無事兄弟となりそうな雰囲気。


・三河屋-井森

井森のアレな感じが酒が入ったことによりパワーアップ。
会話はさら混沌として、まったく仕上がってない。




完全にぼくの力不足 (´・ω・`)

ここまでの経緯から、

ぼくの力では、今宵の井森攻略は不可能と判断しました。

あとはザク、G田に頑張ってもらうしかない。

そこでぼくは、

コンパを解散させ、

井森を引き連れて駅へと引き離しました。











その夜、

ぼくは家で一人、枕を濡らしました。

今までのコンパにおいて、

天然の子は何度か対戦経験があります。

幾ばくかの対戦経験から、





天然の子は、攻略しやすい




というのがぼくの持論です。


性に対してもある程度、奔放。

欲求に素直との表現があってるのでしょうか。

井森が完全な天然かはわかりませんが、

どっちかっていうとそっち系であることは事実。

今日の戦い、

その天然である井森に対してぼくは何もできませんでした。

そう、

ぼくの中で何かうまくいってません。

ただのブサイクサラリーマンです。

今考えると、

そもそもぼくの今宵のモチベーショが、

「ひさびさにザクユナイテッドでコンパする」

ということだけだったのかもしれません。




これは非常に重大な問題です。

ぼくの目標はあくまでも「鶯谷で王様ゲーム」であったはずです。


悔しい。

非常に悔しい(ノ_・。)

三河屋は自分への怒りにうち震えておりました。


絶対に、

このままでは終われません。



この戦いに、

一つの決着をつけなければ、

ぼくは次のステップへ進めない気がします。




倒すべき相手は、

井森です。

まったく話はかみ合っていませんでしたが、

それでこそ、

倒しがいがあるというもの。

このリベンジ、

必ず決める!




三河屋は早速、

井森にソロアポオファー!!!

そして速やかにソロアポ調整に成功!
















井森リベンジ当日





22:00




待ち合わせの店に5分前先着した三河屋。

本日のリベンジソロアポに向け、

気合いの入り方が違います。

そう、これはぼく自身の戦い。

アイデンティティをかけた戦いなのです。

完膚なきまでに叩きのめされ、

プライドをズタズタにした井森を攻略してこそ、

自分の殻を破り、

成長へとつなが・・・













井森「おまたせー☆



井森が到着しました。





FW 井森 5.3/30前半


相変わらずかわいい。

そのおかしなテンションさえなければ、

もっとモテると思います。

さあ、井森よ、

今日という今日は、

必ず、絶対に、攻ry




























???「こんばんわー☆」









へ?(´・ω・`)








MF ???改め榊原子 5.2/30前半






出鼻をくじかれるとはまさにこのこと。

井森は友達の榊原子を連れてきました。

さすがはファンタジスタ井森。

一筋縄ではいきません。




さて、

復讐の鬼を化した三河屋

このリベンジ、一体どうなるのか?





つづく






P.S.

その後、ザク-ギリシャ子、G田-コロンビア子ペアに速やかに分かれたそうです。
そしてザクはギリシャ子に無事ゴールしたそうです。
おめでとうございます。




P.S.2

後日、G田から「三河屋さん、頼みますよー!」と、
少し本気でクレームを頂戴しました。
ぼくの不徳の致すところ、申し訳ありません。





P.S.3

なんかいろいろ書いてますが、
ようは「コンパの子とソロアポしたら、もう一人女の子来た」って話っす。


Category: コンパ  

上げて上げて下げて上げて Vol,1

おひさしぶりでございます。

三河屋でございます。






このパクリサイト並びに本マンピース活動を離れて久しいですが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

コンパナンパにご活躍のことと存じます。

ぼくは、といいますと、

完全に平穏無事な日々を過ごしておりました。




毎日仕事に対して真摯に打ち込み、

休日はもっぱら団らんとした家族サービスをする。

すがすがしいくらいの太陽のもと、

木漏れ日の中に新緑の足音を告げる春風のように、

爽やかに過ごす日々を過ごしておりました。






えー、

このような、

どこのだれが見ても平和で和気藹藹とした無憂無風な日々、

ぼくは毎日、












































ゲロ吐きそうです。









ギブギブギブ!!!!

もうだめです。

完全に禁断症状です。

なぜコンパしてはいけないのですか?(ノ_・。)

なぜナンパしてはいけないのですか?(ノ_・。)

なぜ王様ゲームしてはいけないのですか?(ノ_・。)



この筆舌に尽くしがたい理不尽な状況において、

ぼくの頭では理解できず、

もうゲロ吐きそうです。





ここで、

ちょっと立ち止まって、

現在の三河屋の精神状態を考えてみましょう。


彼はどこのだれが見ても順風満帆といった状況にも関わらず、

ゲロ吐きそう

と言っています。

臨床珍理士的観点で申しますと、

このような精神状況は、

当然、

あまりいい状態とは言えませんね。

この悪い精神状態がつづくと、

心にストレスを与え続けることになります。

人間は強いストレス状況下にさらされ続けると、

心身体にさまざまな症状が出てきます。

初期症状としては集中力の低下、睡眠不足、

これが重くなってくると精神不安定からくる内臓疾患(←全部適当)

こうなってくると、

仕事はもちろんのこと、

家庭にも悪影響を与えかねません。




非常にまずいです。

まさに非常事態。

三河屋は精神疾患の一歩手前とも言えなくもない状態だったのです。






世も末なクリティカルなこの事態、

精神疾患を回避する治療法はただ一つ、

なにを隠そう、


コンパしかありません。


コンパしかありません。


コンパしかありません。





非常に大切なことなので三回言いました。





く・・・

仕方ない。

これは仕方ないことなんだ。




それでは、


コンパしてきましたのでご報告いたします。








とある日


三河屋は試合会場へ着きました。

早速、スターティングメンバーの発表です。






ザクユナイテッド


FW ザク

マンピースのキャプテン。
彼とは本当に久しぶりです。
22時に寝てしまう病」の末期患者。
果たしてこの病気が克服出来ているのか?
きっと出来てないんだろうな・・・


MF G田

前代未聞のドM。
彼とも本当に久しぶりです。
女王様に仕えているという彼のパフォーマンスに注目です。


GK 三河屋

本日の幹事。
ひさびさのマンピースコンパに興奮を抑えきれません。
現役2人に遅れをとらないようがんばりたいと思います。
試合勘を取り戻せるか?
パフォーマンスを発揮できるかはそこにかかっている。


彼らとはコンパでしか会わないので、

本当に久しぶりです。

適当に身の上話をしていると、

対戦相手が入場してきました。






FC コロンビア子



FW コロンビア子 5.2/30前半

本日の幹事。
スタイルはややぽちゃながらも、
顔は仲里依紗に雪崩式ブレーンバスターを3回食らわせた感じで平均以上でしょう。



MF ギリシャ子 5.2/30前半

コロンビア子地元友達の金髪ショート。
スタイルはややぽちゃながらも、
顔はきりっとしていておしゃれ番長風味を全面に出してくる。
好きな人は好きかもといった感じ。



DF コートジボアール子改め井森子 5.3/30前半

一応今日1か?
コロンビア子地元友達。
顔が完全に井森みゆき。
コロンビア子とギリシャ子が言うには、
もともと召集予定の子がドタキャンしたため、
彼女は苦肉の策の代打とのこと。




それではキックオフ(´・ω・`)





フォーメーションはこんな感じ




ザク ギリ
==========三河屋
==========井森
コロ G田












21:05


開始5分


井森がトイレに行った隙に

コロンビアが言い放ちました。

井森は代打-

しかも、

コロンビア子とギリシャ子が言うには、

出来れば起用を避けたかった代打とのこと。



このことを聞かされたザク、G田、三河屋。


・・・


ザク、G田、三河屋「やっぱりね

あえて言われなくてもすぐに理由はわかりました。



井森子はいわゆる、完全体不思議ちゃんです。

もう日常会話ができません。

キャッチボールで、

毎回シンカーを投げ返してくる感じです。

非常にめんどくさそうです。

コロンビア子もギリシャ子も、

彼女との会話はめんどくさいので、

できれば起用を避けたかったとのこと。


ところで、

ザクユナイテッドには、

隣担当の原則」という厳格なルールがございます。

その日、隣に座った異性が、

原則として担当となるガイドラインなんですが、

このフォーメーションでは、

井森担当はこの私。


ほう。


分かりました。

僭越ながら、不肖三河屋がお相手しましょう。



さて、このあとどんな戦いを繰り広げるのか!?



つづく



Category: コンパ  

合コン(恵比須) 睡眠系男子の行く末 Vol,3

三河屋です。










前回までのあらすじ


最高のモチベーションで臨んだザク幹事のコンパは、ザクが22時に無事睡眠に入った。さらに、圧倒的なローテンションで臨んでくる敵戦力の前になすすべなく、ザクユナイテッドは歴史的大敗を喫することとなった(のちに言う恵比須の悲劇である)。なぜだ・・・なぜ負けたのか・・・負け戦ばかりで負けることにすっかり慣れ切っている弱卒兵三河屋は、コンパ前のある人物の重大発言を思い出していた。




ザク「(ウコン、ヘパリーゼ等は)飲んでねーよ。そんなの気持ちの問題だろ



あのね、

ザクさん、

あんまりこんなこと言いたくはないですけどね、

ぼくはね、

あなたとゆうに100回以上はコンパしてると思います。

これはぼくの体感ですがね、

あなた、

8割方、寝てませんか?

特にこの2-3ヶ月はちょっとひどいんじゃないですか?

もうほぼ100%寝てますよね。

もうね、

10時すらね、

守れてないですよね?

別に10時過ぎたら寝ていいなんて一言も言ってないんですけどね、

でもね、

なんならもう、

9時台で寝ちゃうときありますよね?

平成も25年ですよ。

いまどきね、

小学生でも9時で寝ませんよ?

でもまあね、

こんなこと今に始まったことではないんで、

コンパで寝ちゃうのは100歩譲って不問としよう。

でもね、

あんたは今回、

コンパ前にこんなことをぼくに言い放ちましたよね?


「(ウコン、ヘパリーゼなど)飲んでねーよ。そんなの気持ちの問題だろ


やっぱり起きれないじゃないかこの野郎!(憤激)


そもそも、

気持ちとか言ってますけど、

どっちかっつーと、ヘタレの部類じゃないか!!!

いいか?

次から絶対ヘパリーゼとかウコンとか飲んで来い。



前回のつづき













22:30




コンパは無事解散となりました。

完膚なきまでに負けましたね。

最近、

どんどんコンパが下手クソになっているのではないか

と思ってます。

ただでさえ、

ブサイク且つ大してうまくもないのに、

非常によくない兆候です。




まあでも、

こうなったら今夜は、

ナンパしかありえません。

とりあえず、

ポンコツの名の欲しいままにするリーダー、

そう、ザクさんが寝てますんで、

叩き起こしましょう。

・・・

ん?

あれ?

どこいったんだ?

ザクは?









もう店の外でお声掛けしてました。

早い。

インステップからのテイクバックが段違いです。

さすがの一言。

一歩目の早さが違います。

とにかく、

ザクも復活したので、

とりあえず、

二組に分かれて徘徊することにしました。



1組目 ザク&後輩ちび太
2組目 三河屋&先輩ノッポ



ぼくは先輩ノッポとコンビでお声掛けすることになりました。


人通りはまあまあいいでしょうね!

さーて、がんばるぞ☆





うろうろしているOL風2人組を発見!

OL風その1 30台後半?
OL風その2 40台???









先輩ノッポ「あ・・・あれはやめよう・・・



なにを言ってるんですか先輩!

ぼくは顔なんてどうでもいいでしょ?派なんです。

目の前に女子がいる→声を掛ける。

すごく自然なことでしょう!!!

何を躊躇してるんですか!?

イタリアでは女性を見かけたら、声をかけなければ失礼に当たります。

声掛けなきゃだめなんです。

先輩の言わんとしていることは分かります。

この2人、

確かにちょっと老けてらっしゃいますけど。

よく見ると、

か、片方はちょっとふくよかですけど。

そんなのどうでもいいじゃないですか・・・

そ、そんなの・・・




三河屋「やめましょう



だ、だって、

か、かわいい子のほうがいいじゃないですか!

イタリアでもきっと、

おばさんには声掛けないな。

うん、

きっとそう。

(イタリア行ったことないけど。)


さて、次行きましょう。






前方から歩いてくる2人組を発見。


女子その1 20台前半?
女子その2 20台前半?





先輩ノッポ「すいませーん、今から飲みません?」



女子その1,2「・・・



シカトです。

もう完全にシカト。




しゃーないです。

次ですね!

その後2-3組ガンシカ後・・・








前方から女性1人を発見。


女性その3 30才?



三河屋「すいませーん、今から飲みに行きませんか?

その3「え?予定があるので・・・

三河屋「一杯くらい大丈夫だよ!

その3「今日はだめ~


その後並走してトークしたんですが、

ぜんぜんダメでしたね。

予定があるの一点張りを崩せませんでした。

けっこうぼく好みだったので、

悔しいです。




そんなぼくのやられっぷりを見て、

先輩ノッポがすかさずアプローチ。


先輩ノッポ「すいませーん


3分後・・・



先輩ノッポ「あれ全然だめだわ」

この先輩ノッポさん、

動きが早い

夜の恵比須を縦横無尽に駆け回ります。

ぼくがダメだと思ったら速攻アタック。

先輩ノッポの動きだしの早さ、

そして勝ちへの姿勢に驚愕しました。

と同時に、

心の底から「失敗しろ」と思いました。











先輩ノッポが失敗したところから5m前方、

OL風2人組を発見!



OL風α 30才?
OL風β 30才?




三河屋「すいませーん、一杯だけ飲みに行かない?」

OL風α「え~?やだぁ~!


この子・・・

三河屋は重要なことに気がついた。

この三河屋の目はごまかせません。

OL風αさん、

あなた、

酔っぱらってますね?

そうですか、わかりました。

そんな子たちにとっておきのワードがあります。


三河屋「いいじゃん!いいじゃん!

(いつも通りであまりに無策、自分の語彙力のなさを痛感した次第です。)


OL風β「え~!やだよー

OL風α「飲んだら終電なくなっちゃうもん

三河屋「マジで!?じゃあ、一杯だけ飲んで帰るしかないね!


先輩ノッポと三河屋は2名の連れ出しに成功しました。










@居酒屋




とりあえずカンパーイ!

なかなかノリのいい感じです。

事情聴取を続けるうち、

敵戦力が分かってきました。






OL風α

改め、

サッポロ子 5.2 30才 OL

普通よりもややかわいいでしょう。
スタイルは見た感じこけしのように凹凸がありません。
ナンパされてんのにテンションが低い、
しかし、ぼくの適当トークによく笑ってくれます。
ん?
もしかしてこの子・・・
ぼ、ぼくに惚れ・・・






OL風β

改め、

アサヒ子 5.7 30才 OL

かわいい!(´・ω・`)
店の中に入って気付きましたが、この子かわいいです!
スタイルもかなり良さそう。
テンションも高めで
ぼくのしょーもない適当トークによく笑ってくれます。
ん?
もしかしてこの子・・・
ぼ、ぼくに惚れ・・・








フォーメーションは以下の通り


アサヒ子 ノッポ
==============
==============
サッポロ子 三河屋



先輩ノッポよりぼくのほうがよくしゃべるので、

テンションの低いサッポロ子さんをぼくの隣に配備。

このへんの瞬時にぬかりのない戦略を立てるあたりに、

コンパ巧者ぶりがあらわれてます。
完全なるこじつけ



さて、仕切り直しのキックオフです(´・ω・`)



























1時間後





なんでしょう。

思いのほか、

楽しい!!!

なんかもう王様ゲームのことは忘れて、

非常に楽しく飲んでました。

三河屋「すいませーん、このワインくださーい
























さらに1時間後








う、

うーん・・・




うっcfeorfiebvrecvesp

ヴぉchvkdんqqxcw


気持ち悪いです。

大して強くもないので、

一気に飲み過ぎましたね。


とりあえず、

一回吐いておく必要があると判断して、

あくまで自然にトイレです。



吐いたので、

弱冠すっきりしましたが、

そういえば、

これ、

ナンパです。

友達と飲んでるわけではございません。

完全に忘れてました。

あぶないあぶない。


本来の立場を思い出したぼくは、

すみやかに席に戻りました。



すると・・・











先輩ノッポがアサヒ子さんに、


ひざ枕で寝てますzzz


ついでに、


そのアサヒ子さんも寝てます




あれ?


なんかおかしなことになっちゃった(´・ω・`)



なんでしょうこの状況。

目的がよくわからなくなってますね。

よくみると、

まだサッポロ子さんは起きているようでした。

よし、まだこのナンパ、

なんとかなるかもしれない!

サッポロ子さんは、

2人とも寝ちゃって、

なんだかヒマそうで、

一人でワインの追加をオーダーされておりました。


なるほど、

そうですか。

サッポロ子さん、

寂しかったんですね?

寂しくて、

ワインをそんなに飲んでらっしゃるのですね?
ワイン4本目


ここには、

掃溜めのような男、

三河屋しかおりませんが、

不肖、三河屋、

ぼくでよければとことんお付き合いさせて頂きます。

三河屋「よしサッポロ子!とことん飲もう!

サッポロ子「そうだね☆飲もう!

カンパーイ!





ぼくは早速ベロチューをしてみました。




サッポロ子「ちょ、なにやtt


ぼくも吐いてばっかりなので少し気が引けましたが、

サッポロ子さんも最初はびっくりされていたご様子。

しかし、

すぐに飲みかけのワインを口移ししてきたので、

これは問題なく受け入れと判断しました。


(飲んでる途中にチューしちゃうのは結構オススメですね☆)






さて、

アサヒ子さん、先輩ノッポのお二人は完全に寝ておられます。

ここは名残惜しいですが、

さっさと引き離した方が良いでしょう。

そしてここにいたら、

あと何杯飲まされるか分かりません。



ぼくとサッポロ子さん颯爽と退店、

可及的速やかにラブホテルへ同行させていただきました。









@ラブホ



ホテルに入るなり、

受付ですでにサッポロ子さんは、

接近戦を展開してきます。

そこは左のフックが届く距離。

なるほど、

インファイトがお好きなんですね。

分かります。

このラブホIN時のいちゃいちゃ、

大好きです(´・ω・`)

部屋に入りぼくは、

ベロチューもほどほどに、

すぐにインサートしました。

※言い訳
(ぼくは普段から性交のマナーとして、むしろ時間をかける徹底したゼンギ推進派なのですが、重度に酔っぱらっていたので、いつものぼくではエレクトしない可能が非常に高いことを懸念しておりました。でも、生粋の「ラブホエレベータ内チュー好き」の一面があり、その時完全に仁王立ちしました。これはもったいないと思い、ダイレクトインサートさせていただいた次第です。)










翌朝



求められるがまま、

フェラーリ→インサート

濃厚具合が次郎的でございました。



その後、

異次元のスピードで着替えを済まし、

ホテルを出たぼくは始発の山手線で、

颯爽と帰宅いたしました。









またお会いしましょう。



ではでは



P.S.

別日、サッポロ子さんをおかわりしてしまいました。
非常に不徳の致すところ。



P.S.2

先輩ノッポはラブホをグダられてNo性交でFinishだったようです。



P.S.3

ザクとちび太は終電まで道でお声掛けの後、

ラーメン食べて帰宅したそうです。


P.S.4

おい、ザクさん。

次はちゃんとヘパリーゼ飲んで来い。




SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
~マンピース採点基準~
ランキング
押す勇気があるかな?
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プロフィール

マンピースメンバー

Author:マンピースメンバー
サラリーマン(全員、見事なまでのブサイク)が集まり、合コンクラブ「ザクユナイテッド」(=烏合の衆)を結成。仕事そっちのけで夜な夜なコンパしてます。


【ザクユナイテッド】

・ザク
ザクユナイテッドのリーダー。
「22時に眠くなる病」の末期患者。

・G田
2011年度マンピースドラフト1位。
騒交酒、三拍子揃った変態ペロリスト。

・三河屋
コンパではMCの役回りを担うことが多いフ・リーグ選手。
ゆるぎないブサイクっぷりのクソ野郎。

・プシポン
通称、割り箸の魔術師。
まるで脱獄囚のようなブサイクバカ。

・ゴードン(大阪修行中)
最年少メンバーで現在大阪修行中。
だいたいのことは勢いでどうにかなると思っているクズ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。